和歌山エギング

2011年10月2日

<釣果>
アオリメインの欲張り釣り
太刀魚 1匹
アオリイカ 6杯
小アジ 30匹くらい

土曜は息子の運動会

一応カメラもって撮影を試みるも・・・

ダンスはどこにいるか見つからんかった。

我が子を探すのは魚を見つけるより難しい(笑)

そんなことで、今週は日曜の夕方にワインドをちょこっと行くくらいと思ってました。

どころが、とと坊主さん親子とのコラボ釣行がとんとん拍子に決まる。

しかも、どんどんスケジュールが前倒しとなり・・・

気づけば、10月2日に日付がかわるころにはとと坊主さんと磯でエギングを投げてるではないですか。

目的はワインドだったのですが、ちょこっと早めに行ってイカもみたいな、場所取りもせんといかんしね(言い訳)

初ポイントで釣れるか不安だったのですが、10分ほどでHit。

近くにいたとと坊主さん

『いるみたいです きましたよ~』

”ぽちゃん”

抜き上げ時にやっちゃいました。

とと坊主さん:『み~た~よ~』

落ちた瞬間を見られていたようで(笑)

でも姿を見れたので俄然やる気に。

結局、ちょこっとのはずが2時間ほどシャクったか

私は3杯Get。
和歌山エギング

とと坊主さんも食べごろのハンバーグサイズを3,4杯 ええお土産ができました。

その後、少し仮眠をとり本命のワインド太刀魚。

しかし、ポイント選択ミスか、急激に下がった気温のせいか、なかなか時合いがきません。

マナティー無傷のまんま・・・

そんな激渋のなか、とと坊主さんにHit!おみごと。

結果、朝の部はこれ1本で終わってしまいました。

明るくなって足元を覗くとめっちゃ潮が澄んでます。

なんか、イカがいそうな雰囲気。

暇やしエギでも投げよ~

と遊び半分でエギを投げてると

”プン”

えっ?アタリ?まさかね・・・???

座ってやってたのですが思わず立ち上がる

で、軽くしゃくってフォール中、いるなら抱いてみろ~

根掛かりみたいな感触???

重みを感じながら、軽く噴射みたいのもあり~の

けど、あまりに意外なポイントだけに、イカと確信もてません。

おそらく隣にいたとと坊主さんも疑ってたと思います(笑)

ようやく水面に上がって墨を吐いた瞬間・・・マジでイカやん!

ええ~こんなとこで釣れんの~

続けてもう1杯 夜釣ったのよりデカイし・・・
今日イチの胴長17cm、300g

その後は場所を移動し

とと坊主さんとこの娘さんの本命 サビキング
和歌山エギング

ほどよい量のアジのお土産を追加

イカ→太刀魚→サビキ・・・ここまででもものすごいスケジュールなんですが、、、

ここからさらに夕方の太刀魚で締めることに。

ぼちぼちはじめよか~とPM4:430ころから休みながらシャクり開始。

5:30ころマナティーに歯型っぽい傷が

そろそろかな~と思ってると

ルアーを投げるのも初というとと坊主さんの娘さんにHit!

おめでとう~

ルアーってはじめは投げるだけでもたいへんなのに相当なセンスあり。

将来は土曜の夕方の釣り番組にでてるかもしれません(笑)

驚きついでに、娘さん続けてもう1本Gte・・・

経験者の立場な~し(笑)

今日の魚、私のワイディングには合ってないみたい(へたくそ~)

続けととと坊主さんも2本ほどあげてます。

さらにこんなんも・・・
和歌山エギング
ワインドならではのサイズ。

えんぴつサイズ?物差しサイズ?

おそらくとと坊主家の家族会議で命名されているはずです(笑)

どうもいるのはいるようなのですが、ワインドのダートについていけないようです。

↑言い訳~

ここで引き釣り的な釣りをすると逃げたことになります

↑言い訳~

匠に変更して攻めるも やっぱ難しい

そんななか息子が匠で1本Get

なんとかシャクって食わせよとがんばりましたが・・・

完敗や~

最後の最後ですよ、もう観念したとシャクり回数を減らし引き釣りのような釣りをしてみる

すると・・・根掛かり ガツン

息子に注意したことを自分がするとは・・・(恥ずかしい×3倍)

リーダーも切れてしまって 終了~

ここ1年ほどワインドのボウズってなかったと思うんですが・・・悪い意味でやらかしちゃいました。

なんか嫌な予感

まあ、でも1日中よう遊びましたわ。

こんな釣りスケジュールについてこれる子供さんってそうはいないと思ってたのですが、いましたよ!

とと坊主さんとこのお嬢ちゃんかなりの釣り好きみたいです。

ワインドの威力ってこんなもんじゃないんで、ラッシュに入れば2レンチャン、3レンチャン当たり前。

近いうちに挑戦者としてリベンジ!お願いします。お刺身サイズ釣りに行きましょうね。

タイトルとURLをコピーしました