2011年ラストエギング

2011年12日4日 和歌山紀北 親子エギング

今回は息子ちゃんに1杯釣ってもらおうという企画なのですが
そんな簡単なもんではないですよね

今年、本格的にはじめたエギングの締めくくり、ムーチョさんと紀北の地磯に行ってきました。

最終戦ということで気合い十分、昼に現地入りです。
和歌山エギング

昼間は天気もよくて異動で歩いたあとは半袖でも暑いくらい。

まずは腹ごしらえということで地磯で初キャンプ?

到着後しばらくはピクニック気分で食べてばっかりでした。

とりあえずお腹もいっぱいになったので、まずはアジでも釣れんかなとサビキ開始。

雰囲気は最高なのですが ん~釣れる気配ありません。

しかも、狭い場所での長竿の取り回しが難しい。

ライン、仕掛け共にトラブル発生しまくり。

やはり磯でのサビキは向かないみたいです。

次の釣りは胴付仕掛け+青イソメでサグリ釣り。

ガシラくん、カワハギくん、べラ、ふぐくんがほどほど遊んでくれます。

根が多いのでロスト覚悟の釣りですが、ポイント見つけると何かしらアタリがあります。

夕方までの暇つぶしには十分なりました。

日暮れ時、飛ばしサビキでほんの一瞬でしたがアジが釣れました。

ベイトが確認できたので少しテンションUP。

夕方からは本日の本命釣りであるエギング開始です。

しかし、反応薄い~

アタリの代わりに意味不明のラインブレイ・・・

腕が悪いと思い込みたいのですが底でなく中層で切れてる。

もしや太刀魚?

ものすごいイヤな予感。

あまりに何もないので2週前によかったポイント異動。

すると2投目に生命感らしい薄いアタリ。

軽く聞き合わせするも乗ってない。

ここから粘ること数分・・・

ようやく 乗った~
和歌山エギング

けど予想通り小さい

ただNewパターンでのHitなので来年には繋がるかな・・・

遠い先の話である。

まあでもボウズ回避できたのでいいかと。

その後は息子ちゃんにも1杯釣らせよと奮起を促すも

さすがに昼からの釣り 完全に飽き飽きモード

それでも実績ポイントに釣れて行き何回かシャクってると

待望のHit

しかし、痛恨のバラシ

ものすごい手前できたらしく、慌ててしまったのも外した原因の1つか?

残っていたのはイカの足らしき切れっぱしが・・・

超新鮮なイカということで パクリ

おいしいと同時に 相当悔しかったのか

泣いてます・・・

最後の1時間くらいはふてくされも最高潮でグタグタになってました。

一方、ムーチョさんはコウイカ含む3杯。

激シブの中でも複数本。

さすがです。

通常であれば5分、10分は当たり前のように続く泣きの1投も

あまりの反応なさに本当に1投であっさり終了。

とりあえず今年の釣りは終了です。

春までは軽く流して行きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました