紀北・中紀エギングポイント

紀北 中紀のエギングポイント特徴

和歌山市から御坊市 紀北~中紀と言われるエギングポイントの紹介 黒潮の影響力が少ない地域で5月から7月が春イカ、9月から11月までが秋イカとなる


紀北 中紀のエギングポイント

深山河口

◆ポイント 対面にある友が島周辺は船のティップランでも好ポイントとなっている.潮の流れが強い+島の影響でヨレや潮目などもできやすい一級ポイント.

城ヶ埼

◆ポイント  深山同様、実績の高いポイント.潮の速いなかでの岬、地図を見るだけでコンタクトポイントであることが分かる.足場が悪いので明るい時間帯に1回は下見に行っておくことをお勧めします.

加太 深山周辺

◆ポイント 大波止の先端は墨跡で真っ黒・・・タイミングが合えば蓮チャンもあるが、まあ叩かれまくっているというのと、常に人がいる状態.やっと入れたと思ったら潮の流れが悪く、釣りにならないので空いてただけみたいな、、、北に潮が流れる時間帯に大端波止先端、北西の角が最強になります.エギを沖にでる潮に乗せ、おかっぱりティップランで釣っているエギンガーを何回か見たことあります.

磯ノ浦

◆ポイント エギのランガン中、加太の次は雑賀崎か田ノ浦に移動してしまうエギンガーが多いのではないでしょうか.決して爆釣するわけではないですが、見落とされがちなポイントなので軽くチェックしても損はないです.漁港側もいいですが、海水浴場の西側の防波堤がお勧め.湾曲している防波堤の途中、先端から西側の途中で浅くなるポイントがある.その境目の沖が狙い目.

北港海釣り公園

◆ポイント 有料の海釣り公園.カゴ釣りが有名なポイントだがアオリイカも釣れる.1番ゲート付近は根掛かりに気をつけながらシモリのまわりを.潮が北に流れるタイミングで狙うなら6番ゲート付近からエギを流すといい.潮が緩んだら4番、5番ゲート付近の前の駆け上がりを重点的に狙うといいです.紀の川の河口に位置するため前日までの天気のほうが重要で、大雨の後は濁りがきつくなるので避けたほうがいいかもしれません【釣果情報】
※2019年6月現在、2018年8月台風21号被害からの復旧がまだできてないみたいです.仕方がないですが、公園、レジャー系の復旧は後回しになってしまいますね.

青岸

◆ポイント タチウオやチヌで有名だがアオリも釣れます.数釣りというよりかサイズ狙いのエギングポイント.コウイカもたくさん釣れる.有名なポイントなので新聞や釣り具屋さん系Netなどで情報も拾いやすいです.

水軒沖一文字

◆ポイント 昔はよく釣れたという、エギングあるあるをよく聞くポイント.潮の流れがきついのでアゴリグシンカーなどが必須になる.渡船屋さんの渡船釣果情報を参考に.釣りがぶれるのでお勧めはしないが、五目釣り狙いのエギンガーにはいい釣り場.

水軒鉄鋼団地

◆ポイント ◆詳細情報 2018年の台風被害により、よく釣れた地磯ポイントに入れなくなっています.工事が終わるまで少し様子見

雑賀崎

◆ポイント 漁港の北西角のテトラ帯で数釣りができる.その崎の沖の防波堤との間も狙い目.港内に大型が潜んでいるいるので丁寧に探ることで1発もあり.エギングスーパーポイントは漁港の西側角です.ヤエン師が入っていなければ半日、いや1日粘ってもいいだろう.常にこの角は墨跡で真っ黒です.港内に入ってくるのアオリイカのファーストコンタクトポイントとなっています.

田ノ浦

◆ポイント 和歌山紀北エギングの定番のポイント.人も多く打ち込まれているがなかなかスルーすることもできず外せないポイント.沖のの一文字西側はテトラ向きはじっくりと攻める.潮が西向きに流れているときは先端から南西に投げてエギを流すとかなりの高確率で釣れる.中央の磯場は西側がエギングポイント.東側は1度昼間に偏光グラスをかけて地形を確認するといいだろう.地形の変化のあるポイントがすぐ分かるのでじっくり攻める.

新和歌

◆ポイント ◆詳細情報 大昔は新婚旅行先にもなっていたようですが、ご多分に漏れず、廃墟化している旅館街にある遊歩道.プライベートビーチのようなこじんまりとしたポイントが続きます.コウイカ狙いなども有名です.

和歌浦漁港

◆ポイント ◆詳細情報 旧大波止の先端はもちろんだが根元の西側も好エギングポイント.タチウオシーズン中は入れないが東側のマリーナ沖の防波堤沖はかなり面白い.

和歌浦新波止

◆ポイント ◆詳細情報 方男波側は投げないほうがいい、何か分からないがエギというかルアー回収システム(沈みテトラ)が沈められています.夏場、南の片男波海水浴場はちょい投げのキスも有名です.

片男波

◆ポイント 片男波の好エギングポイント①砂浜中央の砂浜からでるテトラまわり②南側にも同じような沖にでるテトラがある③最北端のマリーナ側には潮目がよくできます.シモリなどもあるため昼間に確認しておいて夜に歩インポイントで狙うとおもしろい.海底にあるエギ回収システムに気をつけながらアオリを狙おう.

マリーナシティー

◆ポイント 砂地なのでコウイカが多いがアオリも釣れる.南北の両端の防波堤は真っ黒、円柱状になっているのだが沖側の窪み部分が超一級ポイント.時間を空けると次から次へと入ってくるので蓮チャンはしないがポツポツとつ釣れる.時間を気にしなくて釣りができるお金持ちマリーナ駐車場(500円/日)に駐車できるかが釣果UPへの秘訣です・・・

海南港 南

◆ポイント 超歩きポイントなのでスルーぎみだが先端まで到達すれば熱い.先の南側が実績あり

塩津

◆ポイント ◆詳細情報 駐車場、トイレもあるのでファミリーエギングポイント向き.マリーナシティーの釣果情報などを参考にするといい.外海にアプローチできる波止が多いので狙えるポイントは多い.

戸坂

◆ポイント ◆詳細情報 チヌ釣り、紀州の釣りのメッカであることは言うまでもない.メッカである故に、以外の釣り人は薄いです.エギンガーが少なめなのでタイミングが合えば爆釣れすることも.夜釣りは禁止されているのでルールを守るように.通常、波止の一級エギングポイントは先端であることが多いが、ここ戸坂の波止は防波堤の根本付近がポイントとなっています.
危険!先端にある防波堤灯台用の電線があります.船の停留側にキャストする場合は細心の注意を払うこと.下手すると高級ロッドをイワしてしまいますよ!

釣り公園シモツピアーランド

◆ポイント ◆詳細情報 春、秋のエギングシーズンの実績は高い.釣果情報もでているので周辺の状況も把握しやすい.東側の磯場が狙い目.開園前に到着したら東側をチェック.
釣果情報公園情報

大崎漁港

◆ポイント ◆詳細情報 中紀へ向かう途中の忘れがちなエギングポイント.紀北のエギングポイントの隠れ家的なポイントかもしれません.アクセスのいい地磯、サーフなど狙いどころが多彩なエギングポイント.

大崎漁港南の地磯

◆ポイント ◆詳細情報 大崎漁港の南にある岬状の地磯

下津港

◆ポイント ◆詳細情報 広いので新鮮な済墨跡を周辺に広範囲にいろんなポイントを攻めるのが基本となる.ピンポイントの穴場ポイントとしては加茂川河口の白灯や通称下津の団地裏などは超有名裏エギングポイント.ランガンポイントとしては外せないエギングポイント.

下津 加茂川河口の白灯

◆ポイント ◆詳細情報 比較的難易度の低め(でも危険)の山道を下りる必要があるエギングポイント.小さい波止なので、停車している車の台数が6台以上ならスルーしたほうがいい.

下津の団地裏

◆ポイント ◆詳細情報 ここより東側は立ち入ることができない=東側から入ってくることはフレッシュな状態で接触できる=エギで釣りやすい

箕島港

◆ポイント 有田川河口 汽水域でのエギングになるので基本的には朝夕のまづめの時間帯 エサの捕食する時間帯を狙う釣りとなる.もちろん濁り、淡水を嫌うアオリイカなので大雨の後は釣れないが回復するタイミングに爆釣することがあります.淡水が絡むのでできるだけ水深のあるポイントを知っておくことがキーになる(比重が重い海水は底に沈むため)時期、タイミング、状況・・・経験すればするほど偶然ではなく確信的に釣れるポイント.

逢井

◆ポイント ◆詳細情報 漁港までの道がめちゃくちゃ狭いので相当な気合を入れて突入してください.軽自動車ですら対向できない道+想像を絶する対向できないトンネルを抜けると漁港があります.南側を崖を背にしているため、北風に強いエギングポイントです.西側の防波堤の付け根、地磯の南西方向は駆け上がりが狙い目.西側の防波堤は角度があるので潮の流れが複雑になりヨレもできやすい.先端だけでなく曲がり角付近にもヨレ、潮目などにもできる.基本的に外海はテトラでの釣りになります.テトラ苦手な人は様子見でも近づかないほうがいいかも.

千田漁港

◆ポイント ◆詳細情報 個人的には内側の堤防がお勧め アクセスがいいのでランガンポイント向き 状況が良さそうなら外側の大波止を見に行く感じでいいだろう.

田村漁港 北の地磯

◆ポイント ◆詳細情報 千田漁港~田村漁港の間にある地磯帯の紹介.

 田村漁港

◆ポイント ◆詳細情報 目立つのでなかなか入れないが漁港から東側に見えるブロックの防波堤(詳細情報)が人気ポイントとなっている.近づくと縄梯子のようなものがセットされている.漁港内はランガンポイントといっていいだろう.誰かしら打っているので投げるエギに反応するアオリだけを拾っていくような釣りがいい.このポイントも気になったら大波止へという程度でいいだろう.

栖原漁港

◆ポイント ◆詳細情報 漁港先端もいいのだが、少し手前に出っ張りがあり、そこからミオ筋を狙う釣りがベスト.朝夕のまづめの時間帯はいろあんな魚が行き来するポイント.タチウオやカマスなどもよく釣れる.さすがにそういうタイミングはアオリは釣れない.
漁港から少しでて南に進むと端橋という岬があります.地磯となっており超人気スポット.フカセやヤエン師などが入っている場合が多いのだが、空いていれば少し時間をかけて粘ってみる価値はある.岬の両端は浅くなっているので根掛かりに注意.

栖原の地磯(端橋岬)

◆ポイント ◆詳細情報 漁港に行く前にこの地磯が空いているかチェックしたほうがいいだろう アオリイカが大量にストックされているわけではないが、定期的に入ってくるので、誰もいなければ高確率で釣れる.数杯釣ったら場を休ませて、と、できればベストなのだが、人気のあるエギングポイントなのでそう簡単ではない.

湯浅広川南

◆ポイント ◆詳細情報 大味な釣り場なのだが、ベイトが集まる河口ということもあり、一定の条件が揃うと爆発力がある.

唐尾漁港

◆ポイント ◆詳細情報 漁港内の潮通しが悪いのか?いつ行っても濁っている.見たら分かるが漁港内は釣れる気がしない.一級ポイントは北側の防波堤.さらに根本にテトラ帯との境目が超一級ポイント.常に新しい個体が入ってくるので誰もいなければ打つべし.
当然のごとくテトラが沈んでいるのではじめは丁寧に攻めるのではなく、表層だけを攻めて活性の高い個体を拾うといいだろう. 

衣奈

◆ポイント ◆詳細情報 周辺の中では大型の漁港となり狙いどころは多い.
海水浴場の東側のゴロタ石エリアはタイミングが合えば数釣りが楽しめる.海水浴場は釣れるのは釣れるのだが、変化がないので人間心理としてなかなか集中できない.潮目、離岸流など変化のあるポイントをテンポ良く探っていこう.漁港内の一級ポイントはミオ筋.人が多いので粘ったことはないのだがいつも新鮮な墨跡は必ずある.水深があるので軽いエギの場合はラインをだしながらのフリーフォールで時間をかけてじっくり攻めること.沖側のテトラはサイトでアオリイカ釣りを楽しめるポイント 偏光グラス必須ポイント.ただし、朝まづめは渡船が頻繁に往来するので釣りにならない.早朝はお勧めしない.

戸津井

◆ポイント ◆詳細情報 こじんまりした漁港なので長居は無用 数を拾うためのランガンポイントにお勧め.潮通しも良くて雰囲気は抜群にいい.外海のテトラも比較的乗りやすいので初心者にもお勧めのポイント.

小引

◆ポイント ◆詳細情報 このポイントも狭いので数人しか入れない.先行者がいればパスしたほうがいいだろう.湾内は砂地となっておりコウイカもよく釣れる.

城崎海洋公園

◆ポイント ◆詳細情報 公園内は釣り禁止なのですが、公園から大引漁港にかけてアオリイカに最適な地磯がいくつかあります

大引

◆ポイント ◆詳細情報 先端まで車で入れるということと、春は2kgアップも狙えるため道具の多いヤエン師たちの場所争奪戦が激しい.紀州釣り師はそうでもないのだが、大阪の南方面のナンバープレートのヤエン師には注意しよう.狙いどころとしてはミオ筋、駆け上がりとセオリー通り.秋は内側からミオ筋を狙ったり、生けす周辺も好ポイント.エサの食べかすななどを狙うベイトをアオリが狙っていることも.

大引北の小波止

◆ポイント ◆詳細情報 アクセスのしやすさ、釣りやすさ、釣果・・・3拍子揃ったエギングポイント

◆ポイント ◆詳細情報 このポイントも防波堤の根元まで車が入れるため場所取りの争いが激しいポイント.あくまで居座るつもりはないですよ~とワンポイントできていることをアピールしながら他の釣りの迷惑がかからないように.

ムロノキ鼻 

◆ポイント 3ヶ所ほど駐車エリア+磯に下りるポイントがある 赤灯岬ポイントムロノキ中央ムロノキ南 必ず昼間に下見をしておくこと.駐車している車はある=人が入っているということなので無理しないこと. 小杭 ◆ポイント 何でこの小さな防波堤で釣りするために有料駐車場?疑問に思われるかもしれないが、それだけ好ポイントということだ.防波堤の先端だけでなく、根元から外側にもシモリも多いのでエギングの絶好ポイントとなっている.防波堤から北へ進むとゴロタ石エリアがあり、秋の新子シーズンには数釣りも可能.さらに北西に進むと地磯エリアになる.干潮時には先端に立てるので時間を調整して入るといい.ここ車で入っていいの?っていうような細い道を進みます.おそらく、大型のSUV車は入れないです.距離はないので迷うことはないのですが、歩いて道を確認してから入ったほうがいいかもです.

方杭

◆ポイント ◆詳細情報 中紀のギガアオリポイントとして有名.西側の大波止は水深があるので大型のエギでギガアオリを狙うポイント.大波止から西の地磯エリアも大型ポイントとなっている.中間の波止もミオ筋を狙える好ポイント.

小浦

◆ポイント ◆詳細情報 早朝に人がたくさんいても慌てることはない、ほとんどは沖一文字や磯に渡る釣り人である.南の沖堤防は先端のみが釣り可能.人が入っていればあえて近づく必要はないだろう.北側の防波堤も足場も良く釣りやすい.海草がきつい場合は中層を狙うイメージの動きの早めのエギングがいいだろう.
周辺には州崎という地磯、津久野という小さな漁港さらにその先端に兜崎という地磯などの好ポイントもある.

比井

◆ポイント ◆詳細情報 一見、よさげな漁港に見えるのだがテトラがきつく、外側の堤防のどちらも釣りができるスペースは狭い.エギング的には長居するポイントでもないのでランガンポイントとして使うといいだろう.

産湯漁港

◆ポイント ◆詳細情報 この港は迷い込んで偶然見つけるパターンが多いのではないだろうか.地元の子どもたちの遊び場のイメージ.駐車できる位置から防波堤の先端が確認できる.スペースが狭いので何人か入っているのが見えればパスしたほうがいいだろう.行ってみれば分かるのだが、先端付近は墨跡だらけ.タイミングが合えば爆発力はある.

阿尾

◆ポイント ◆詳細情報 大きな漁港で狙いどころも多い 大人数で入ってもちらばっていろんなポイントで遊べる.東の白灯がある防波堤は少し曲がってる角の沖付近が狙い目.ゆるやかな駆け上がりになっており潮の流れの変化も起きやすい.
西側の防波堤の先端の先は・・・見ての通り一級ポイント すぐ沖に赤灯の防波堤があり周辺がアオリイカポイントとなっている.
朝、夕まづめは船の出入り口のミオ筋を時間をかけて攻めてもいいだろう.大き目の漁港なので漁港を出入りするアオリが必ずいるので回遊を狙い打つ

田杭

◆ポイント ◆詳細情報 テトラ苦手な管理人はあまり足を踏み入れないが、身軽なテトラ大好きエギンガーにはお勧めポイント.綺麗に組まれていないのでテトラーだけがアオリを狙えるポイントと言っていいだろう.

田杭漁港北砂浜の小波止

◆ポイント ◆詳細情報 1組しか入ることはできないが、実績の高いエギングポイント

煙樹ヶ浜

◆ポイント 全長6kmにも及ぶ石の海岸.サーフエギングが成立するポイント.ほぼ中央にキャンプ場の管理棟があり、管理棟前が駐車スペースになっている.狙いどころが難しいのだが離岸流や潮目がポイントとなる.砂利の海岸で岸からすぐ急深となっており、ヒラメや青モノが岸から狙えるのが分かる.潮位にもよるが、2,30m飛ばせば10mから3,4mの駆け上がるエリアまで届く.こんなエリアなので基本は3.5号エギ以上のエギングとなる.浜の西側の地磯も有名、ところどころ駐車スペースもあり.磯はヤエン師が多いのだが、サーフで数がでなければ磯に移動して腰を据えてシャクルのもいいだろう.とにかく早朝から投げれば何か釣れる◆釣り動画

潮吹き岩

◆ポイント ◆詳細情報 煙樹ヶ浜の西にある地磯ポイント 昼間は磯師で埋め尽くされているので浮の見えない時間帯に入れ替わりで入りたい

日高港 

◆ポイント 発電所との間のポイント、テトラが切れている10mくらいが1級ポイントとなっている.過去10回は立ち寄ったことがあるがヤエン師がいなかった日はない.親戚、親兄弟、知り合い同士の持ち回りでポイントに入っているのか?と思うくらい春、秋のシーズン中はよほど運がよくない限りポイントに入れない.場所が分からなくてもアジの屍骸が無造作に捨てまくられているポイントがそこ.ヤエンが難しい沖のテトラ側がエギングポイントとなる.

祓井戸漁港

◆ポイント ◆詳細情報 西側の防波堤の先端付近が足場もいい人気ポイントとなっている.曲がり角のポイントをGetできた場合は1日、半日は居座って粘ってもいいかもしれない.真ん中の防波堤のテトラ帯もエギングの人気ポイント.沖の防波堤に上がるためにはハシゴがいる模様.だいたい、そのようなポイントは、切れそうなロープ、折れそうな板が準備されているのだが・・・このポイントはそういう釣り人の共有意識はないようでマイアルミハシゴ持参が基本のようです.>>野島アオリ釣行

加尾

◆ポイント 非常に潮通しが良く人気の高いポイント 発見しやすい堤防ということもあり常に人がいる.道路から見下ろせるせるので空きがなければパス.北側の防波堤はシモりがあるので明るい時間帯に確認しておくといいだろう.南側の防波堤のミオ筋を狙いやすいのは内堤防 秋の新子シーズンにはまとめて釣れることも.外側の先端は水深があって潮当たりもいいので大き目のエギで攻めたほうがいい.テトラ前は海藻が多いので春の産卵時期の1発狙いに適したポイント.

上野

◆ポイント ◆詳細情報 大きめのテトラ、身軽な人はテトラに入って釣りができる.南側の大波止の先端手前にある波止が一級ポイント.この小さな波止ができるまでは先端がよかったのだが潮の当たり方がかわったのか墨跡はこちらのほうが多い.

楠井 

◆ポイント ◆詳細情報 岩礁帯となっており、シャローエリアなので秋の新子ポイントとなってる.根掛かりが多いので底をネチネチやったり時間をかけて大型を狙うようなポイントではない.国道から1本外れて見つけにくいポイントではあるが、めちゃめちゃ狭い道なので和歌山市方面の北から入ってはいけない.一旦やり過ごして北側からの道から入ると近い.

タイトルとURLをコピーしました