紀北の地磯でエギング

2010年11月20日 親子エギング

やはり子供には難しい
ほどほどに釣れるも エギのロストが痛い

代わりに同ポイントに入らせてもらうも、どうも私のエギには反応してくれない・・・

おそらく、腕が悪いのでしょう~ ここまで0杯。

なんとかボウズは避けたい。

これは足で稼ぐしかないとウロウロ。

いろんなポイントに投げてみるも反応なし。

そうこうしているうちに、だんだん潮が引いてきて足元の根がくっきり見えてきました。

『もうええわ!根掛かり覚悟でいってまえ!』と

2本ほどロストしましたが、、、

明らかに岩との接触を感じるギリまで粘ると

コンコン

我慢できずに抱きつきおったか!
和歌山エギング

今日はこのパターンかとムーチョさんとFJさんに伝えようとするも続かないので確信できず。

結果的に5杯獲れたのですが、1時間に1杯ペースでポイントもバラバラ。
和歌山エギング

ただ、釣れたのは根掛かり覚悟の手前ばかりでした。

ガリガリっていう岩系の感触にも関わらず、もう1回シャクる。

エギロストの恐怖と格闘しながらのエギングでした。

夜も遅かったので途中、息子ちゃんは仮眠をとっていたのですが
和歌山エギング

起床して第一声 『この磯、寝心地悪いわ~』

これって子供の発言なのでしょうか?

ええ、磯は決して寝るとこではありませんので(笑)

結局、息子ちゃんはイカ0杯。

寝てたし、投げてないってのもありますが、やはりエギングは難しい。

魚自体はいっぱい釣ってるので竿先に伝わる生命感の感触は理解できてるはずなんのですが、

ラインコントロールといいますか、軽くテンションかけ続けるというのが難しいみたいです。

いろいろアドバイスするも、勉強も釣りも親の言うことは聞きません。

ムーチョさん、次回お手合わせする機会があれば特訓お願いします。

まずはラインが目視できる明るい時間帯にノーシンカーワームの練習してきます。

みんなの釣果。
和歌山エギング
みんな仲良くコウイカを1杯づつとアオリほどほどに。

楽しいエエ釣りができました。

ムーチョさん、FJさんありがとうございました。また行きましょうね。

タイトルとURLをコピーしました