芳養漁港

南紀のエギングポイント 芳養漁港

昭和の人しか分からないか、、、漁港の波止は『しぇー』のかたちになっています.
すんません、分からない人はgoogle先生に教えてもらって下さい.

こちらが『しぇー』の左手側=内側の波止の根本になります.

芳養漁港

波止は柵があるような作りになっているので比較的安全です.ファミリーフィッシングなんかで比較的小さい子供さんでも安心できます.ただ、安全のメリットに引き換えに、釣りにくくなるというデメリットもあります.

 

芳養漁港

元気なエギングオジサンは塀の上に立って、私のようなどんくさいオジサンは塀に覆いかぶさるようなポジションでのエギングになります.

芳養漁港

内側の波止の先端 ここは少し外海が荒れたときに狙い目です 退避してくる個体を狙い撃ちできます

芳養漁港

『しぇー』でいう、右手と左手の間 堆積物が溜まってきたら掘ったりするのかもしれませんが、釣りをした感じ、分かりやすいミオ筋にはなっていません.

芳養漁港

エギングの1級ポイントは『しぇー』の右手側の先端です

芳養漁港

足場が高いのでエギング的にはやいにくいのですが、墨跡多数のお勧めポイントになります.砂地のポイントとなっているので、長いステイ系のゆっくりしたエギングで攻めることができます.春エギングの放置プレイが必要な時期もGood.海藻を見つけて、周辺を狙うイメージでOKです.

芳養漁港

ちょうど干潮時の撮影とはいえ、少し高めに設定された波止になっています

芳養漁港

タイトルとURLをコピーしました