淡路島出張帰りのエギング

出張帰りの淡路島エギング 2020/09/27

余力があればと、ロッド1本と最低限のタックルを忍ばせ四国出張に・・・
帰り時間はPM10:00を過ぎていたが『1時間勝負』と決め、南淡路を1ヶ所打ってきました.

淡路島のエギングルール
胴長15cmイカは全島ALLリリース
淡路島の北:7月1日~9月末日までアオリイカ釣り禁止
淡路島の南:7月1日~9月20日までアオリイカ釣り禁止

若干のフライングぎみですが、南は20日以降はOKということでポイント入り.
しかし、選んだポイントが悪かったのか、墨跡もありません.
30分ほどしたところで、急に潮が動き出し、橋周辺のポイント特有の川レベルの流れに襲われる・・・
こうなるとショアエギングではなく、ショアティップランに、、、

こりゃアカン

潮が当たってなさそうなポイントにキャストし、ようやく着底を確認できるエギングに
すると1杯だけ僕のエギを見ていてくれたアオリイカ君がいたようです!

次のシャクリの動作のタイミングで
これは『海藻か?』『もしやアオリイカ?』

ええわ、ダメ元フッキングや!
すると、ギューんギューん

淡路島のアオリイカ久しぶりすぎます
後は胴長15cmを越えているか?・・・16cm!!!ギリ越えています.
1杯目なんで、念のための確保

淡路島エギング

長めのステイで抱いたような気がしたのでロングステイを多用するも・・・
1時間で釣れたのは1杯のみ

釣れたのは秋エギングサイズなのですが
淡路島のエギングはよう分からん!
釣れる時期もそうなんですが、産卵含め、エギングの季節パターンが分からない.
産卵時期のアオリイカを釣らないようにと、禁止期間は7月~9月と夏なんですよね.
一般的には産卵は親イカの釣れる春というイメージ.

秋だからとアオリイカの数釣りができるイメージもないし、南紀、日本海と比べると謎な淡路島エギングですね.

まあええわ、出張帰りの晩酌用のアオリイカ1杯釣れたからええわ
今日はこのくらいで勘弁したるわ!(負け惜しみ)

タイトルとURLをコピーしました