尾鷲港

年間を通してアオリイカのチャンスがあるということで、人気の高いポイント.高速道路(2018年現在、無料)も整備されており、交通の便もいいため、大阪、愛知、奈良のナンバーなど、三重ナンバー以外の県外アングラーが多い.アオリ以外にも狙える魚種は多いので1日のんびり家族でファミリーフィッシングなんてのもいいだろう.
尾鷲を起点に南下してランガンなどを考えるアングラーも多いのではないでしょうか.1つだけアドバイスがあります.尾鷲より南は”陸の孤島”化し、数kmおきにある自動販売機以外、何も手に入れることができません.コンビニがあるとかいうレベルでなく、携帯の電波が『圏外』になるほどヤバいエリアになります.飲み物、食べ物、ガソリンなど、十分な物資を補充してから南下しましょう.


漁港内は水深がありすぎて、エギが沈むのを待つのがたいへんです・・・底から引っ張り出して、最後は見る範囲でサイトで掛けるというパターンか.

紀東エギングポイント

尾鷲が有名&年中良く釣れるという理由はこの火力発電所の温排水のおかげと言われています.

紀東エギングポイント
紀東エギングポイント

有名な養殖のタイですね 水揚げを待っているのでしょうか?

紀東エギングポイント
紀東エギングポイント

メインのポイントは天満浦波止になる.根本にトイレがあるので親子連れ、カップルでも安心して釣りができます.

紀東エギングポイント

先端もいいが、秋の新子釣りは波止付け根、外海側が熱い.

紀東エギングポイント

波止の1/3くらいまではテトラが積まれている.比較的難易度の低いテトラなので、苦手な人でなければ立てるポイント.

紀東エギングポイント

先端付近のエギングは底を丁寧にというより、回遊の個体を狙うイメージになる.手間、おそらく10mくらい先までブロックが入っている.底を狙うならブロックの切れ目のブレイクがいいだろう.

紀東エギングポイント

 

2018年09月24日