煙樹ヶ浜

和歌山 中紀のエギングポイント 煙樹ヶ浜

いろんな魚が釣れる煙樹ヶ浜 サーフジギングなど、サーフ(砂浜)から青物やヒラメなどの大物がが狙える有名なポイントになります.(実際の浜の状況は砂利浜になります)

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

青物のいろいろからはじまり、ヒラメ、根魚、タコ、アオリイカまで釣れるスーパー砂利浜

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

あまりアオリイカのイメージがないかもしれませんが

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

夜になるとこっそりエギングをやってる人が多くなるんです

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

この砂利浜の海岸沿いは

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

いったん盛り上がって

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

一気に落ち込む形状になっています

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

ちょっと写真だと分りにくいですかね、拡大するとこんな感じです

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

日によっては、かなり急な駆け上がりになっていて、はい上がるのが大変なくらいの角度になることもあります.波っ気があるとさらに危険度が増します.子供さんの水遊びとかはめちゃくちゃ危険な浜です.海水に触るようなほど近寄らないようにしましょう.

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

遠目には穏やかに見えても外海に面しているので十分注意しながら釣りをしましょう.

和歌山エギングポイント煙樹ヶ浜

と、ここまで煙樹ヶ浜の浜の説明になってしまいましたが、ここからはエギング的な煙樹ヶ浜を解説します.海岸沿いを見ての通り、かなり急深なポイントになっています.50m投げると15mくらいの水深になります.エギだと30mくらいでしょうか、風の状況が良くて40mくらい.それくらい投げると10m前後の水深になります.通常の底を意識したエギングをするなら、十分にラインを送り込んで10mの底を意識した操作が必要になります.夜だと見つけづらいですが、ポイントをしぼるなら潮目を探しましょう.見つからなければ、これだけ広い海岸なのでランガンがお勧めです.
それらしいイカが貯まってそうなポイント、活性が上がってるなと思った場合は・・・
シャクリは入れず、ただ引きを推奨します.ここのアオリイカは上下運動する物体に興味を持つというより、岸にベイトを追い込むスイッチの入ったフィッシュイーターになるタイミングがあります.かなり手前まで追ってきますので足元までしっかり丁寧に引くようにするといいです.このタイミングに遭遇すればかなりの確率で連チャンします.

 

タイトルとURLをコピーしました